一度に二本以上掛け軸をお買い上げで15%OFF!※付属品は対象外

掛け軸(掛軸)販売通販なら掛け軸総本家 > 風水・開運と掛け軸の関係

風水・開運と掛け軸の関係

風水と掛け軸の関係

風水発祥の地である中国には、床の間はありません。しかし、床の間は凶の方位に位置している場合が多く、邪気を祓うものを置くことで開運につながると言われています。

風水と掛け軸の相性

開運掛け軸はさまざまな種類がありますが、風水の教えに従って掛ける場合、掛け軸のモチーフによっては方位との相性があります。赤富士が描かれた掛け軸では、赤と相性の良い「南」、もしくは太陽が昇る「東」であるとより良いとされています。虎の描かれている掛け軸では、体の黄金の毛並みから「西」に掛けると金運が上昇すると言われています。

中国の霊獣「四神」とは?

また、風水で縁起が良いとされるモチーフのひとつが「四神」と呼ばれる中国の霊獣であり、四神が描かれた掛け軸は人気があります。四神とは、「商売繁盛を招く東の青龍」「幸福をもたらす南の朱雀」「子宝・安産・夫婦円満の象徴である西の白虎」「繁栄・長寿へ導く北の玄武」のことです。特に「北に山岳、東に清流、西に小道、南に平地」という地形は四神に守られる最良の地を指すとされ、この風景が描かれた「四神相応図」は非常に縁起の良い掛け軸です。「四神相応図」の掛け軸を掛けることで、良い運気の流れを取り込み、運気を上昇させることができると言われています。

  • 大特価商品
  • 人気商品
  • 即応対象商品
  • スタッフ厳選商品
  • 法事・法要特集
  • 小さな掛け軸特集
  • 学校・教育向け特集
  • 掛け軸関連商品