一度に二本以上掛け軸をお買い上げで15%OFF!※付属品は対象外

掛け軸(掛軸)販売通販なら掛け軸総本家 > 掛け軸の価格相場

掛け軸の価格相場

掛け軸の値段は売買する当事者間で自由に決められますが、相場というものは当然存在します。掛け軸の相場がどうやって決まるのかというと、主に「人気」と「状態」の2つの要因によって値段が決まります。その中でも重要なのは誰の作品なのかという点です。

人気のある作家が書いた掛け軸ならば販売時の値段も高くなりますから買取価格は高くなり相場は上昇しますが、知名度が低くあまり人気のない作者の作品ならば買取相場も安いものになってしまいます。
もちろん無名の作者の作品でもしっかりとした作品であればそれなりの値段にはなりますが、「人気」と「知名度」のある作家の作品の価格を上回ることはほとんどありません。

作家の「人気」によって価格が変わる?

作家の人気にも移り変わりがあり、人気によって相場は変動します。かつては人気だった作家の人気が落ちて安い値段になることがあります。
反対にほとんど見向きもされず安い値段で売られていた作家の作品が再評価されて相場が大きく上昇することもあります。
高値で買った作品が大きく値下がりしてしまうこともあれば、二束三文の安い値段で売られていた作品がとんでもない高値になることもあります。

安定して人気を集める作家の作品はやはり高値を維持します。常に買いたいと思う人がいるのであれば需要は安定し値崩れする心配もありません。
美術品としての取引以外にも投機的な目的で取引されるケースも増え本来あるべき価格よりも相場が上昇することになります。
行き過ぎてしまうと相場が過熱してバブル状態に陥ってしまいますが、本来の価値よりも上がってしまった価格はやがて元に戻りますから絶対安心な財産とはなりえません。

掛け軸の「状態」で価格が変わる?

人気と並んで掛け軸の価格を左右するもう一つの要因が「状態」です。どんなに素晴らしい作品でも状態が悪ければ評価は下がり、取引価格も安い値段なってしまいます。作られた当時と同じ状態で正しく保管されていれば値段も高価になりますが、色褪せや日焼けによる退色があったり虫食いや劣化による破れが生じていれば値段はガクンと下がってしまいます。
劣化した掛け軸であっても、正しく修復することで価値を取り戻すことは可能です。専門の職人に頼んで汚れを落としたり破れや虫食いを修復して新品同様の状態を取り戻すことに成功すれば、掛け軸の価値は上がり値段も高価になります。

海外での掛け軸の価値は?

近年は中国の富裕層が日本の高価な掛け軸を購入するケースが増えており、お金に糸目をつけない買い方から相場は上昇しています。
いわゆる中国バブルというものが掛け軸の世界にも表れ始めているものの、どこまでこのようなバブル状態が続くのかは誰にもわかりません。

作品以外で重要なポイントは?

もう一つ重要なポイントが表装や箱などの「作品以外の部分」です。掛け軸は絵や書を壁に掛けられるように仕立てたものですが、表装の部分が粗末だと作品の価値を損なってしまい値段を下げる結果になってしまいます。高価な作品にはそれにふさわしい表装が求められますから、痛んだ掛け軸はある程度のお金をかけて表装を新しく相応しいものにしたほうが価値が上がります。
箱に関しては単に収納に使うだけではなく、箱書きが重要になります。来歴や由来を記した箱書きが箱に記してあれば価値はさらに高まり価格も上がります。
箱書きを描いた人が著名な人物であれば更に付加価値がプラスされますから、掛け軸の価格はさらに高価になります。

本物の証明方法は?

歴史的な掛け軸には贋作(がんさく)が非常に多く、人気の作家の作品ともなると九割がニセモノであるとも言われます。本物を証明してくれる信頼できる鑑定書や箱書きなどがあれば正しい価値を認めてもらえますが、証明するものが何もなければよくできた偽物である可能性を疑われてしまいます。本物かどうかを鑑定するために長い時間を取られてしまいますし、売却しようにもニセモノを疑われて買取を拒否されてしまう可能性もあります。仮に本物であったとしても証明する手段が無ければ価値を認めてもらうのは難しいですから、掛け軸に関連する箱や書類があれば必ず一緒に保管しておきましょう。

  • 大特価商品
  • 人気商品
  • 即応対象商品
  • スタッフ厳選商品
  • 法事・法要特集
  • 小さな掛け軸特集
  • 学校・教育向け特集
  • 掛け軸関連商品